トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン

backnumber1201の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
{{title バックナンバー}}
{{tf
<div id="menu">
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=FrontPage">HOME</a></div>
	<div class="menuact">バックナンバー</div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=bookstore">販売書店</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=mailorder">通信販売</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=download">ダウンロード</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=correction">記事訂正</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=voice">読者の声</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=media">メディア掲載歴</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=chief">編集長</a></div>
	<div class="menudeact"><a href="wiki.cgi?page=plansboard">企画委員</a></div>
</div>
<br>
<tr><td><a href="wiki.cgi?page=backnumber">バックナンバーメニューに戻る</a><td><a
<br>
<br>
</div>
</div>
<div id="indleftsentence">
<table>
  <tr valign="top">
    <td>
    <h2>RikaTan(理科の探検)</h2>
    <h2>2011年 1月号(12月26日発売)の目次</h2>
    
    <td></table>
<img src="1201title1.jpg" width="500" height="54" border="0"><BR>
<br>
<strong>低線量放射線の健康への影響</strong><BR>
清水 隆裕<BR>
<a href="http://www.rikatan.com/wiki.cgi?page=correction" target="_blank"><font color="#ff0000" size="-1">6ページに間違いがありました。記事訂正をご覧ください。</font></a><br>

<br>
<STRONG>低線量放射線のDNAへの影響</STRONG><br>
平山 明彦<br>
<br>
<strong>食品による内部被ばくの基礎知識</strong><br>
福武 剛<br>
<br>
<strong>あやしい科学の見分け方</strong><br>
片瀬 久美子<br>
<br>
<strong>放射能の除染</strong><br>
舩田 優<br>
<br>
<strong>放射線の正しい測り方 食品編</strong><br>
マンガ/鈴木みそ 協力/野尻美保子<br>
<br>
<img src="1201title2.jpg" width="500" height="54" border="0"><BR>
<br>
<strong>ウィルスとは何だ!?</strong><br>
佐野 和美<br>
<br>
<strong>インフルエンザとカゼに負けない</strong><br>
安居 光國<br>
<a href="http://www.rikatan.com/wiki.cgi?page=correction" target="_blank"><font color="#ff0000" size="-1">57ページの表3に間違いがありました。記事訂正をご覧ください。</font></a><br>

<br>
<strong>菌類ウィルスの世界</strong>病気になったり元気になったり<br>
<strong>菌類ウィルスの世界</strong> 病気になったり元気になったり<br>
佐々木 厚子<br>
<br>
<strong>小さな小さな、植物ウィルス発見物語</strong><br>
竹本 周平 佐野 輝男<br>
<BR>
<P><FONT color="#000000"><img src="rensai1201.jpg" width="100" height="50" border="0"></FONT></P>
<FONT color="#000000"><strong>frontier shot</strong> 宇宙で黒子が「芋喰ってぷぅ〜ぅ〜ぅ〜ぅ〜ぅ〜ぅ〜♪(長っ)」<br>
木原 久美子<BR>
<br>
<strong>極めてデジフォト </strong>ルーペの代わりに持ち歩く<br>
<strong>極めてデジフォト </strong> ルーペの代わりに持ち歩く<br>
池田 圭一<br>
<BR>
<STRONG>やってみよう! 楽しい実験・観察(小学生)</strong><BR>
ピョンピョン跳ねる電磁石おもちゃ<BR>
薄 伸也<BR>
<br>
<strong>光と色と </strong>光あれ/Let there be light<br>
桑嶋 幹<br>
<BR>
<strong>スーパーマーケットめぐり 生き物教室 </strong>血液を動かすしくみ<br>
青野 裕幸<br>
<br>
<strong>Sense of the Universe </strong>2012年は天体観測の年!<br>
大西 浩次<br>
<br>
<STRONG>私のイチ押し!科学工作</strong><br>
スイーツ感覚で作るチョコ化石‐バレンタインデーはこれで決まり!?<br>
福岡 孝<br>
<BR>
<STRONG>はれときどきカメ</STRONG></FONT><BR>
林本 ひろみ<BR>
<BR>
<STRONG>ニッポン野生生物summit  </strong>生死をかけて眠るイキモノたち<BR>
里中 遊歩・日高 トモキチ <BR>
<br>
<STRONG>府中高+府中九小 合同天体観望会</STRONG><BR>
<br>
<strong>すぐできる! 科学あそび </strong><br>
偏光で不思議な壁を作ろう 黒い壁と白い壁<br>
舩田 優<br>
<br>
<STRONG>散歩道で発見! カワリダネ草花を探そう </strong>花弁をなくした花<BR>
岩槻 秀明<BR>
<BR>
<STRONG>身近なモノにSEMぁ〜れ!</strong><br>
おいしいものには針がある!?<br>
<FONT color="#000000">加藤 琢也<br>
</FONT><BR>
<STRONG>マスメディアに出てこない健康情報 </strong>がんと代替医療<br>
小内  亨<br>
<BR>
<STRONG>理屈でわかる! 気象学超入門 </strong>
 雷<br>
小林 則彦<br>
<BR>
<STRONG>進化を忘れた動物たち</strong> いきた化石 ムカシガエル<br>
今泉 忠明<br>
<BR>
<STRONG>やってみよう! 楽しい実験・観察(中学生)</strong><BR>
わくわくドキドキ水素の爆発実験<BR>
門倉 松雄<BR>
<BR>
<STRONG>日本の科学者たちノーベル賞受賞者を振り返る </strong>1973年 物理学賞<br>
<STRONG>日本の科学者たち ノーベル賞受賞者を振り返る </strong><br>
1973年 物理学賞<br>
田崎 真理子<br>
<br>
<STRONG>全国科学系博物館おすすめ展示  </strong><br>
京セラファインセラミック館<br>
松井 真由美<BR>
<br>
<STRONG>リカ先生の10分サイエンス </strong><BR>
厄介な放射線と向き合うために(4)<br>
放射線の単位の使い分け…ベクレル・グレイ・シーベルト<br>
田崎 晴明/田崎 真理子<br>
<br>
<STRONG>理科の探偵 </strong>携帯を振ると電波が入る!?<br>
はやのん<br>
<br>
<STRONG>RikaTan読書室</STRONG><br>
吉田 のりまき<br>
<br>
<STRONG>RikaTan広場</STRONG><br>
まとめ 久米 宗男/松井 真由美<br>
<BR>
<STRONG>1月号科学力クイズ</STRONG><br>
まとめ 小沼 順子<BR>
<BR>
<STRONG>編集長エッセイ</STRONG><br>
左巻 健男<br>
<br>
</div>
<div id="indrightpic"><br>
<img src="1201index.jpg"><br>
<br>
<img src="front1201.jpg"><br>
<img src="toku12011.jpg"><br>
<img src="toku12012.jpg"><br>
<img src="sanpo1201.jpg"></div>
<div style="clear:left"></div>
<table width="688" height="350" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">
  <tr>
    <td colspan="3" align="left" valign="top" background="images/quiz_01.png" width="688" height="65" /></td>
  </tr><tr>
    <td align="left" valign="top" background="images/quiz_02.png" width="25" height="251"></td>
    <td width="635">

 <p class="style3">2012年 1月号科学力クイズ</p>
    <p class="style2"><strong>【問題】1〜4のクイズの答えは、各選択肢のうちどれでしょうか? </strong></p>
    <p class="style2"><strong>【2012年 1月号科学力クイズの答え】</strong><br>
    <br />
    <p class="style2"><strong>1.<SPAN style='font-size:10.5pt;font-family:"MS ゴシック";
mso-bidi-font-family:"MS ゴシック";mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:
JA;mso-bidi-language:AR-SA'></SPAN>セルロースやデンプンなどの炭水化物をほとんど含まないものは、次のうちどれか?</strong><BR>
    <BR>
      ア.木綿<br>
      イ.絹糸<br>
      ウ.和紙<BR>
    <br />
     【答え】イ<BR>
    </p>
    <p class="style2"><strong>2.洗濯用合成洗剤には酵素を含むものがある。酵素の説明として正しいものは、次のうちどれか?<BR>
    </strong><BR>
       ア.酵素は微生物である<br>
       イ.酵素の作用は温度に左右されない<br>
       ウ.酵素は特定の物質に作用する<br>
    <BR>
     【答え】ウ<BR>
    </p>
    <p class="style2"><strong>3.<SPAN style='font-size:10.5pt;font-family:"MS ゴシック";
mso-bidi-font-family:"MS ゴシック";mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:
JA;mso-bidi-language:AR-SA'></SPAN>入道雲は上昇気流により発達する。この上昇気流を発生させるエネルギーの源は、次のうちどれか?</strong><BR>
    <br>
    ア.地球の自転の運動エネルギー<br>
    イ.地球が受ける太陽エネルギー<br>
    ウ.地球内部からの地熱エネルギー<BR>
    <BR>
     【答え】イ<BR>
    </p>
    <p class="style2"><strong>4.<SPAN style='font-size:10.5pt;font-family:"MS ゴシック";
mso-bidi-font-family:"MS ゴシック";mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:
JA;mso-bidi-language:AR-SA'></SPAN>夏の夜空を彩る花火。花火のカラフルな色はどのようにしてつくられているか?
<BR>
    </strong><br>
      ア.花火が炸裂するとさまざまな速度で火花が飛び散る。この火花の速度(花火を<br>
  見ている人との相対速度)が花火の色を決めている。高速で遠ざかる光は、赤方偏<br>
  移で赤くなり、逆に近づく光は、青方偏移する。このような変化はドップラー効果<br>
  と呼ばれている。<br>
  <br>
      イ. 花火の光の粒はさまざまな温度をしている。花火師は、火薬を調節し、さま<br>
  ざまな温度の火花を作り出している。温度の高いものは青白く、少し低くなると<br>
  黄色、橙色、赤色と変化する。色と温度の関係は、ウィーンの変位法則に従う。<br>
  <br>
      ウ.花火には火薬と共にさまざまな金属成分が入れてある。金属は高温になると<br>
  リチウムが赤、カリウムが紫、銅が緑というように特有な色を出し、カラフルな<br>
  花火となる。炎色反応という。<br>
    <BR>
    <BR>
      【答え】ウ</p>
    <p><span class="style2">「なぜだろう?」その疑問が科学を楽しむことへの扉です。<br />
    解説は次号の科学力クイズに掲載いたしますが、答えへの道筋をみなさんも考えてみてください。</span><br/>
    <FONT color="#009999"></FONT>&nbsp;&nbsp;</td>
    <td align="right" valign="top" background="images/quiz_04.png" width="28" height="251"></td>
  </tr><tr>
    <td colspan="3" align="left" valign="top"><img src="images/quiz_06.png" width="688" height="38" alt="" /></td>
  </tr>
</table>



<p><a href="http://rikatan.nature-net.info/"><img src="sense.jpg" border="0"></a></p>




}}